夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第2734夜


こんな夢を見た。

すると、黒い眸のなかに鮮に見えた。

こけこっこうと鶏がまた一声鳴いた。

あまり女が通らない時は、往来を見ないで水菓子を見ている。夜はだんだん更ける。

奥歯をぎりぎりと噛んだ。両腋から汗が出る。背中が棒のようなものを据えて、その周囲に小さい床几が並べてある。

短刀を鞘へ収めて右脇へ引きつけておいて、それから全伽を組んだ。——趙州曰く無と。無とは何だ。糞坊主めとはがみをしたまま、篝火を眺めていたら、一人の異人が来て、握っている束がにちゃにちゃする。



リロード