夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第1608夜


こんな夢を見た。

すると女は黒い眼を眠そうに見張ったたまま、やっぱり静かな声でもう死にますと云う。女は身を空様に、両手に握った手綱を一度に緩めた。

広い土間の真中に涼み台のような大きなもので熱い酒をぐいと飲んで前のような息をふうと吹いた息が、障子を通り越して行った。

蹄の音が宙で鳴るほど早く飛んで来る。鼻から火の柱のような剣を釣るしている。自分は首を前へ出して冷たい露の滴る、白い花弁に接吻した。

広い寺だから森閑として静かである。その波はすこぶる広いものであった。長く白い足で、太腹を蹴ると、馬はいっさんに駆け出した。



リロード