夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第1469夜


こんな夢を見た。

こけこっこうと鶏がまた一声鳴いた。

しかし捕まえるものがないから、ここで休んで箱の中の路が不規則にうねってなかなか思うように出られない。しばらくすると二股になった。

ところへ忽然隣座敷の時計がチーンと鳴り始めた。



リロード