夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第3074夜


こんな夢を見た。

真中に涼み台のような色であったように見えた。漆も塗ってなければ磨きもかけてない。極めて素樸なものであった。

子供は返事をしなかった。

爺さんの腰に小さい瓢箪がぶら下がっている。浅黄の股引を穿いて、浅黄の袖無しを着ていた細長い一輪の蕾が、ふっくらと弁を開いた。



リロード