夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第2882夜


短刀にかけた箱の中の路が不規則にうねってなかなか思うように出られない。

広いものであった。

しかし捕まえるものがないから、しだいしだいに水に近づいて来る。水の色は無論赤い。とうてい死にそうには見えない。



リロード