夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第2531夜


こんな夢を見た。

自分が軍をして、丸い墓石を眺めて、自分は逢わずに殺されてしまう。

負ぶって貰ってすまないが、どうも人に馬鹿にされるからいけない 。

じゃありませんかと、にこりと笑って見せた。自分は侍ではあるまいと言った。ははあ怒ったなと云っている。浅黄の股引を穿いて、浅黄の袖無しを着ている。

雨はさっきから降っている。



リロード