夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第1278夜


こんな夢を見た。

こう云う風に一つ二つと勘定して行くうちに、自分の姿が、ぼうっと崩れて来た。柳の下まで来た。その次のにも仁王はいなかった。

襖の画は蕪村の筆である。路は細い。鷺の影が時々闇に差す。

船が毎日毎夜すこしの絶間なく黒い煙を吐いて浪を切って行く事だけはわかる。自分は侍ではあるまいと言った。



リロード