夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第2735夜


こんな夢を見た。

お前は侍である。

やがて、「なぜ」と問い返した。

船の動く周囲だけはいつでも真白に泡を吹いて、さすがは運慶だな。眼中に我々なしだ。天下の英雄はただ仁王と我れとあるのみと云う態度だ。

奥歯を強く咬み締めたので、遠くの空が薄明るく見える。馬は前足の蹄を堅い岩の上に発矢と刻み込んだ。



リロード