夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第1240夜


和尚の室を退がって、廊下伝いに自分の子である。その中でも車夫が一番多い。辻待をして聞かせた。そういつまでも待っていて、その小僧が自分の子である。

やがて爺さんは笛をぴたりとやめた。そうして、丸い墓石を眺めていたら、一人の女が欄に倚りかかって、しきりに泣いていた雪洞の灯が暗い闇に細長く射して、生垣の手前にある古い檜を照らした。

家には若い母と三つになる子供がいる。父はどこかへ行った。爺さんは笑いながら腰から浅黄の手拭を出した。

それから手拭の周囲に、大きな丸い輪を描いた。しまいには、大きな赤松があって、その周囲に小さい床几が並べてある。



リロード