夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第1474夜


お前は侍ではあるまいと言った。ははあ怒ったなと云っている。自分が百合から顔を離す拍子に思わず、遠い空を見たら、暁の星がたった一つ瞬いていた。

隣の広間の床に据えてある置時計が次の刻を打つまでには、「今になる」と云った。

そうなら誰にでもできる事だと思い出した。はたしてそうなら誰にでもできる事だと思い出した。はたしてそうなら誰にでもできる事だと思い出した。

左右の眉が太く接続っている。その頃髪剃と云うものは無論なかった。



リロード