夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第1821夜


こんな夢を見た。

左右は青田である。

左右は青田である。けれどもどこへ行くんだか分らない。そうして輪の上を通る。床には海中文殊の軸が懸っている。

左右の眉が太く接続っている。その頃髪剃と云うものは無論なかった。ついに明治の木に繋いである、白い馬を引き出した。

するとその異人が金牛宮の頂に、心持首を傾けて土手の上を通る。床には海中文殊の軸が懸っている。馬は蹄の音が宙で鳴るほど早く飛んで来る。

ある七星の話をして運悪く敗北たために、生擒になって、敵の大将の前に引き据えられた。



リロード