夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第1526夜


こんな夢を見た。

奥歯をぎりぎりと噛んだ。両腋から汗が出る。背中が棒のような色であった。

なるほど幅を広く屋根まで突出しているのが何となく古風である。ただ一つの道楽がある。

左右の眉が太く接続っている。その頃髪剃と云うものは無論なかった。しばらくしてから「あっち」と答える事もあった。

女である。



リロード