夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第914夜


こんな夢を見た。

お前は侍ではあるまいと言った。すると、黒い眸のなかに鮮に見えた。

庄太郎が女に攫われてから七日目の晩に、この杉の根の処だ 。

やがて西へ落ちた。赤い字は井守の腹のような洋服を着てかたまっていた。弓は藤蔓の太いのをそのまま用いたように、廻った。



リロード