夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第565夜


こんな夢を見た。

時々は「御父様は」と聞いた。

父がどこかへ行った。自分は蛇が見たいから、細い道をどこまでも追いて行った。父がどこかへ行ったのは今からちょうど百年前だね 。

はっと思った。ところへ裏の筧から手桶に水を汲んで来た神さんが聞いた時、自分の姿が鮮に浮かんでいる。



リロード