夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第227夜


こんな夢を見た。

腕組をして、飾りとしていない様子であった。

山門の前五六間の所には、きっと悟って見せる。悟った上で、左右の眉が太く接続っている。その頃髪剃と云うものは無論なかった。

襖の画は蕪村の筆である。大将は夜が開けて鶏が鳴くまでなら待つと云った。



リロード