夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第2873夜


こんな夢を見た。

何でも知ってるなと考えながら、腕組をして退屈だから立っているに相違ない。

庄太郎はこの籠を見ていた。足には大きな藁沓を穿いて、浅黄の袖無しを着ていた。たいていは異人のようであった。

雨の中で小僧の声は判然聞えた。自分はどうしても悟らなければならない。鶏が鳴くまでに女をここへ呼ばなければならない。

家には若い母と三つになる子供がいる。父はどこかへ行った。爺さんの腰に小さい瓢箪がぶら下がっている。そのほかにはこれと云うほどのものはどこにも見当らない。

船は例の通り黒い煙を吐いて、通り過ぎてしまった。



リロード