夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第2518夜


こんな夢を見た。

襖の画は蕪村の筆である。窓が二方に開いて、残る二方に鏡が懸っている。肩から四角な箱を腋の下へ釣るしていた。

父はそれきり帰って来て、かろく土の上へ差し上げた。待てと云う相図である。ところへ忽然隣座敷の時計がチーンと鳴り始めた。

広い寺だから森閑として頭の中に埋っているのを、鑿と槌の使い方を見たまえ。大自在の妙境に達していると云った。

あまり女が通らない時は、往来を見ないで水菓子を見ては綺麗だと云った。



リロード