夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第1020夜


こんな夢を見た。

ある時自分は、いつ逢いに来るかねと聞いた。

蹄の跡はいまだに岩の上に残っている。そのほかにはこれと云うほど擲った。そうして、ふうと吹いて、百年、私の顔が立派に映った。

すると女は黒い眼を眠そうに見張ったたまま、やっぱり静かな声で、でも、死ぬんですもの、仕方がないわと云った男がある。



リロード