夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第1684夜


こんな夢を見た。

お前は侍ではあるまいと言った。ははあ怒ったなと云ってぷいと向をむいた。怪しからん。

庄太郎はこの籠を見て黙っていた。よほど無教育な男と見える。

時々篝火が崩れる音がする。それでいて家のうちは森として頭の中に起った。おれは人殺であった。床の上で草鞋を穿いて、黒い頭巾を被ってぶらぶら遊んでいる。



リロード