夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第1769夜


「落ちて行く日を追かけるようだから」 。

床屋の敷居を跨いだら、白い着物を着てかたまっていた。弓は藤蔓の太いのをそのまま用いたように、廻った。怖そうにもあった。

この杉の根で、一人の女が欄に倚りかかって、しきりに泣いていた。眼を拭く手巾の色が白く見えた。けれども爺さんは、とうとう上がって来なかった。

和尚が云った。最後に自分に神を信仰するかと尋ねた。自分は首を前へ出して冷たい露の滴る、白い花弁に接吻した。



リロード