夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第2424夜


こんな夢を見た。

襖の画は蕪村の筆である。ただ背中に小さい小僧がくっついていて下さい。大きな真珠貝で穴を掘って。そうして輪の上を何遍も廻った。

左右は青田である。その波はすこぶる広いものであった。

立膝をしたものは天探女は自分の顔を見て、たちまちぐさりとやりたくなった。心の底からよせばよかったと思ったら、女の云った通り日が東から西へ、東から西へと落ちて行く日を追かけるようだから 。

そのうちに、女の眼がぱちりと閉じた。長い睫の間から涙が頬へ垂れた。——もう死んでいた。するとその異人が金牛宮の頂にある七星の話をして運悪く敗北たために、生擒になって、敵の大将は、弓の真中を右の手で握って、赤い鞘を向へ払ったら、冷たい刃が一度に暗い部屋で光った。



リロード