夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第1253夜


こんな夢を見た。

敵である。

左右は青田である。黒い柳を濃く薄く、遠近とかいて、寒むそうな漁夫が笠を傾けていた。

お前は侍である。窓が二方に開いて、残る二方に鏡が懸っている。



リロード