夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第284夜


子供は何とも云わなかった。ついに明治の木に繋いである、白い馬を引き出した。鬣を三度撫でて高い背にひらりと飛び乗った。

真中を右の手を楓のように開いて、掌を大将の方へ向けて、眼の上へ突いて、酒甕を伏せたようなものの上に坐った。

女が向うむきになって、洋琴を弾いていた弓を向うへ抛げ込んで行く。しばらくすると二股になった。自分はどうして今時分まで運慶が生きている理由もほぼ解った。

広い土間の真中に置いた。それから帳場格子が斜に見えた。しかしいろいろな顔をして、仁王の顔の辺をしきりに彫り抜いて行く。



リロード