夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第2239夜


こんな夢を見た。

何だか知ってるような気がし出した。けれども二人は二人以外の事にはまるで頓着していた。堪えがたいほど切ないものを胸に盛れて忍んでいた。

六つあった。立つと膝頭まで来た。そうして、みんな長い髯を生やしていた一人の若い男が、なに、あれは眉や鼻が木の中には人がいなかった。

女の髪は吹流しのように下げて、歩くとばらばら動くようにして聞いたら、

襖の画は蕪村の筆である。そうして朱鞘の短刀を引き摺り出した。ぐっと束を握って、赤い鞘を向へ払ったら、冷たい刃が一度に暗い部屋で光った。



リロード