夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第2683夜


こんな夢を見た。

ある時自分は、いつ逢いに来るかねと聞いた。これはその頃の習慣で、捕虜にはだれでも一応はこう聞いたものである。

その頃髪剃と云うものは無論なかった。母は毎日三つになる子供がいる。父はどこかへ行ったのは、月の出ていない夜中であったように思える。

子供の声に応じて飛んだと思ったら、女の眼がぱちりと閉じた。長い睫の間から涙が頬へ垂れた。——もう死んでいた。



リロード