夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第2758夜


こんな夢を見た。

襖の画は蕪村の筆である。けれども、もう遅い。自分は仕方なしに森の方へ行って見たら、水夫が大勢寄って、太い帆綱を手繰っていた。

こう云った。



リロード