夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第2618夜


こんな夢を見た。

何だか知ってるような気がし出した。けれども痛い。苦しい。無はなかなか出て来ない。出て来ると思うと、すらりと揺ぐ茎の頂に、心持首を傾けていた。

女の眼がぱちりと閉じた。長い睫の間から吹き出した。すると女は黒い眼を眠そうに見張ったたまま、やっぱり静かな声で、もう死にますと判然云った。

左右の眉が太く接続っている。その頃髪剃と云うものは無論なかった。自分はどこへ行くのだか知れない。ただこんな晩であった。

雨の中で小僧の声は判然聞えた。自分は一言死ぬと答えた。



リロード