夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第1781夜


こんな夢を見た。

庄太郎は町内一の好男子で、至極善良な正直者である。その中でも車夫が一番多い。辻待をして、ことごとく切先へ集まって、殺気を一点に籠めている。

しかし身体には更紗のような息をふうと吹いた息が、障子を通り越して柳の下を抜けて、細い路を真直に下りて行った。

時々「今に」だけを覚えたのみである。生きると答えると降参した意味で、死ぬと云うと屈服しないと云う事だけはたしかである。



リロード