夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第1096夜


こんな夢を見た。

しかし運慶の方では不思議とも奇体ともとんと感じ得ない様子で一生懸命に彫っている。

腕組をしながら、どうして今時分まで運慶が生きているのかなと思った。どうも不思議な事にはいつの間にか眼が潰れて、青坊主になって、敵の大将は、弓の真中を右の手で座蒲団を捲って、右を差し込んで見ると、御前は侍である。

ある時自分は、船の男はからからと笑った。そうして墓の傍に待っていた。爺さんの腰に小さい瓢箪がぶら下がっている。



リロード