夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第81夜


世の中が何となくざわつき始めた。今にも戦争が起りそうに見える。焼け出された裸馬が、夜昼となく、屋敷の周囲を暴れ廻ると、それを夜昼となく足軽共が犇きながら追かけているようであった。

船に乗っている。天文学などを知る必要がない。ただ好加減に坐っていた。

なるほど文化五年辰年だろうと小僧が命令した。女をその中に横たえている。夜はだんだん更ける。

爺さんが向岸へ上がった時に、悲しいのは自分ばかりではないのだと気がついた。



リロード