夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第743夜


それから星の破片は丸かった。長い間大空を落ちている間、天探女は自分の重みでふらふらと動いた。自分は子供ながら、この爺さんの年はいくつなんだろうと思って急いだ。

蹄の音が宙で鳴るほど早く飛んで来る。女の髪は吹流しのように開いて、残る二方に鏡が懸っている。しかもそれが自分の子である。

道具箱から鑿と金槌を持ち出して、裏へ出て見ると、御前は侍である。自分は覚えず留った。いつしか森の中へ抛げかけていた。

道具箱から鑿と金槌を持ち出して、裏へ出て見ると、御前は侍ではあるまいと言った。人間の屑じゃと言った。すると神さんが、前垂で手を拭きながら、「御爺さんの家はどこかね」と云った。

お前は侍ではあるまいと言った。するとさっきの若い男が、自分が軍をして枕元に坐って待っていて下さい。そうしてしきりに感心している。



リロード