夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第1633夜


こんな夢を見た。

左右は青田である。大将は草の上にぶつけて、骨も肉もめちゃめちゃに砕いてしまいたくなる。

山門で仁王を刻んでいると云う評判だから、分らないうちに早く捨ててしまって、安心しなくってはならん。悟ってやる。

庄太郎が女に攫われてから七日目の晩に、この杉の根の処だったね 。

この時代の藁沓は深いものであった。



リロード