夏目漱石『夢十夜』を形態素解析とマルコフ連鎖で再構成するスクリプトです。リロードするたび文章は変わります。


第3082夜


はっと思った。そこで、そうかね、もう死ぬのかと思った。抱き上げて土の上へ置くうちに、赤い日をいくつ見たか分らない。

それから星の破片を墓標に置いて下さい。きっと逢いに来ますから 。

何でも知ってるなと考えながら、やはり立って見ていた。よほど坐り心地が好くできた椅子である。ただ背中に小さい小僧がくっついていて下さいと思い切った声で云った。

腕組をして枕元に坐っていた。爺さんは頬張った煮〆を呑み込んで、「ふふん」と云う言葉を何遍となく繰返して教えた。



リロード