圧縮ドグラマグラ


夢野久作『ドグラ・マグラ』を形態素解析とマルコフ連鎖で圧縮してみました。


…………ブウウ——————ンンン——————ンンンン………………。

然るに第二番目の絵になると、今一歩進んで、眼球が潰え縮み、歯の全部が耳のつけ根まで露われて、毛の粘り付いた恥骨のみが高やかに、男女の区別さえ出来なくなってしまった。今まで呉一郎を支配しているんだが、文章の方はとてもシッカリしたものであるにして土蔵のうしろの裏木戸まで来ました時に、どんな顔をしておられました、或る驚異すべき実験の中心的な代表者でおいでになりますと同時に、たった今聞いたブウンンンというボンボン時計の音を聞きつつ、自分が突立っている若林博士も、私の襟筋を剃るべくシャボンの泡を塗り付けたのであった。

八代子の血まみれになったらしく、そのままグウグウ眠って御座った若旦那は、オモヨさんが、濡れ手を拭き拭きうなだれていた。否、むしろ一種の馬鹿馬鹿しさをさえ感じていた宝石や髪飾りが転がり出して来ました時に飲まされたウイスキーが、この製作だけは一種特別で御座います。

身体に合せて仕立てたものではないか……黒い、大きな花弁のようなものが、みるみる抜けて行くような気がしてあるが、その風付きを見ると私は生きた心が無くなって、ガクガクする膝頭を踏み締め踏み締め腰を抱えて、胸を躍らして待っていたものではない……とキワドイところで口説き立てた

頬を破られたイガ栗頭が……眉間を砕かれたお垂髪の娘が……前額部の皮を引き剥がれた鬚だらけの顔が…………チャカポコチャカポコ……

火星征伐をゴッチャにした程度のシロモノに過ぎないのではあるまいか……といったような空間的の観念も動き出して来た通りの順序で変化して行くばかりで、私共にはよく判りませんでしたし、六ヶ敷い言葉ばかりで、何一つ書いて無いもののように生白かった……チャカポコチャカポコ……薄く、長く引いた眉の下に精神科学応用の犯罪……お前自身に名探偵となって、頭を今一つ下げた。

……ブウウウ…………ンン…………ンンン…………。



リロード




ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)
ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)