圧縮ドグラマグラ


夢野久作『ドグラ・マグラ』を形態素解析とマルコフ連鎖で圧縮してみました。


…………ブウウ——————ンンン——————ンンンン………………。

奥歯を噛み締めていた百姓たちは、これを書きました本人の青年患者は、この絵巻物を見た。

歯齦の血で描いたお雛様の掛軸——

このキチガイ地獄から救い出して、二人の先祖にソンナ徹底したマゾヒスムスの女がいて、姉さんが置いてあるのを見ると若林博士も籐椅子を寝台の枕元に引き寄せながら、私が下駄を穿いて蹤いて行きました。それは誰なんですか……という意味らしいね

そこだて……そこがトテモ面白いこの話の眼目になるところで、急に横に外れて、大卓子の表面と同様の冷淡さが、叮嚀過ぎるくらい叮嚀な若林博士のそうした途方もない事実に対しては何という貧弱なものではない……と泣きながら譫言を仰言ったので、傍に落ちていた……チャカポコチャカポコ……端然として陳列して在るものは……

玄関の左右に並んだ真暗な階段の向って左側を、棒のように息を吸い込まないうちに、早くも一片の白骨と成り果て候ひぬ。その時妹のくれがし氏は、その背中に担いだ屍体の冷たさが忘れられなくていくら火を焚いて室を暖めたせいじゃないでしょうか。

……ブウウウ…………ンン…………ンンン…………。



リロード




ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)
ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)