圧縮ドグラマグラ


夢野久作『ドグラ・マグラ』を形態素解析とマルコフ連鎖で圧縮してみました。


…………ブウウ——————ンンン——————ンンンン………………。

最終の一行が、やはり……ブウウ——ンンン……ンンンン……というような単純な、且つ、最も遠まわしな科学的の方法によっては女子供にでも面白可笑しく首肯出来る程度のものとは違いまして、博多の聖福寺様と並んだ名高いお方だそうで、高等学校に行かっしゃる後から、私が今朝ほど想像したようにゾッとしました。

後に、やがて何かしら一つの品物について、多少共に科学的な興味や、神秘的な趣味を持って、庭下駄を穿いて蹤いて行きましたが、しかしよく気をつけて見ますと、裏向きにして次第次第に夜が明けるように蘇りはじめた。思いもかけないハッキリした返事を聞かすべく……。

チャカポコチャカポコ。チャカラカチャカポコ。あ——ア。

青黒い混凝土の壁を貫いて、私の顔をよくよく見定めると、一所懸命で何か云おうとした。そこで息も絶え絶えのまま、どこかを拝む真似をしたその手初めに、まず私に、私自身の過去の思い出として、御身の因果を明らめ参らせむと、六美女の名に因むが如く、ひたすらに気息を張つて唖唖切歯するのみ。

絵巻物とドンナ関係があるんだからね。とりあえずこんな参考材料となるべき文書類や、又はこの病院に収容されて神経を狂わしたのであろうとは夢にも思い寄りませなんだ……………………。

……ブウウウ…………ンン…………ンンン…………。



リロード




ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)
ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)