圧縮ドグラマグラ


夢野久作『ドグラ・マグラ』を形態素解析とマルコフ連鎖で圧縮してみました。


…………ブウウ——————ンンン——————ンンンン………………。

身体の悪い若林博士はここで又、ちょっと息を切って、唇の色まで無くなった……と思ったので、そのような夢を見ておられたと思うと、私の入院前の姿を丹青に写し止めて、玄宗皇帝に献上し、その真に迫った筆の力で引抜けそうになかった。

虹の松原に上る……チャカポコチャカポコ……銀波、銀砂に列なる千古の名松は、清光の裡に厚く労ひて家人に暇を与へ、家屋倉廩を建て、故郷京師に音信を開きて万代の謀をなす傍、一地を相して雷山背振の巨木を集め、自ら縄墨を司つて一宇の大伽藍を建立し、負ひ来りたる弥勒菩薩の座像を本尊としているんだが、その笑顔の青白くて気味の悪う御座いました。

恰もタッタ今、隣りの部屋に閉じ籠められているようで御座いますかと手に持って御座るのを見た時には、呉一郎に相違ないのだ

紙はやはり白い紙で、いくら眼をこすりましても、掌で撫でまわした感じと、実物とが、こんなに違っていようとは思われぬほど深刻な程度にまでドウして思い出すので……

こんな風に気軽く声をかけますと、その中にゴチャゴチャに投げ込んであった。同時にハテ。ここは一体、どこなんだろう……。

……ブウウウ…………ンン…………ンンン…………。



リロード




ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)
ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)