圧縮ドグラマグラ


夢野久作『ドグラ・マグラ』を形態素解析とマルコフ連鎖で圧縮してみました。


…………ブウウ——————ンンン——————ンンンン………………。

竹里館隷書——せしもの

又そのうちにキット私にめぐり会おう。名前はその時に私の前に、花を手向けているのは今朝の三時から四時の間だと、宗近さんが私の父親……。

怖、その苦患、何にたとへ、何にたくらべむ。

胸を躍らして待っていた事が、前以て、わかり切っているのであったが、途中でどこかへ行ってしまったのですか……というのだからタマラない……チャカポコチャカポコ……腸のドン底まで震え上ると同時に卒倒して、山の中の光景は、一生涯忘れようとして忘れられません。

幻覚、倒錯観念ばかりで生きる事になった扉の前に、今さっき読んだ呉一郎の心理の奥底に潜在している。鬢鬟雲の如く、清楚新花に似たり。

……ブウウウ…………ンン…………ンンン…………。



リロード




ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)
ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)