圧縮ドグラマグラ


夢野久作『ドグラ・マグラ』を形態素解析とマルコフ連鎖で圧縮してみました。


…………ブウウ——————ンンン——————ンンンン………………。

そのお話はよく聞いてもおりませんでしたので、ビックリして、あべこべに私の両手を引っぱって、向うの青い洋館の中の空洞をジッと凝視していた……チャカポコチャカポコ……若林博士は最初から御同胞がおいでにならない、タッタ一人のお嬢さんなのです。

それでも昔からの記録文献には、すこし大きな人が腰をかけたら、すぐに妾が怪しまれます。そうして私自身がどこの何者かという、タッタそれだけの事で、特別の御註文でしたから、まだよく存じておりますと、その美しい船の中から遊離し現われました夢中遊行心理が残らず発揮しつくされまして、跣足で表口の方へ走って行きましたが、その後も何とも申しようが御座いません。

モウお義兄さまに仕える真似事をしたり飯櫃に面を突込んだり、床下に這い込んで寝たがったりしておられる方ですよ

一番珍奇な参考品ではない。素敵に面白い話だから……

空倉で、色々な不思議な方法でイジクリまわしている理由がやっと判明った。若林博士から聞かされた途方もない因縁話や何かが日本人離れをして救われると、その中に映っている私自身の年恰好が、あんまり若いのに驚いたからで御座いますが、そのような夢を忘れてしまって、ただ、底悲しい、痛々しい響ばかりが、混凝土の壁で囲まれた大きな引伸し写真の肖像と、カレンダーが懸かっている。

……ブウウウ…………ンン…………ンンン…………。



リロード




ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)
ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)